任意整理の手続きの流れ

ここでは、当事務所における任意整理の手続きの流れを簡単に説明します。

1. 相談に行く 2. 任意整理を依頼する 3. 債権者に受任通知を発送する 4. 取引履歴の開示請求をする 5. 借金の再計算をする 6. 過払い金の請求をする(過払い金が発生している場合) 7. 和解案のご提案をする 8. 債権者と交渉する 9. 和解書の作成・取り交わしをする 10. 返済を開始する
準備:相談先を探す まずは、安心して借金について相談できる弁護士・司法書士を探しましょう。今では、パソコンのサイト、携帯電話のサイト、タウンページなど、いろいろなところから情報を集めることができます。各事務所によって、任意整理についての考え方や手続の方法が異なってきます。相談される方ご自身が、安心して相談できそうな事務所を探すことをおすすめします。

1. 相談に行く

当事務所では,債務整理についての無料相談を行っています。
無料相談のご予約はお電話にて承っています。
「相談してみようかな?」と思ったら、まずは下の電話番号にお気軽にお電話ください。

通話料無料のフリーダイヤル(携帯電話からもつながります) 24時間受付中!土曜、日曜、祝日も受付しております。0120-373-000

このときのお電話で、お借入れの状況などを簡単にお話しいただき、実際に無料相談にお越しいただく日時を決めます。
お持ち物のご案内などもこのときにさせていただきます。

※神奈川県外の方
神奈川県外の方からの無料相談については、事務所にお越しいただく代わりに、お電話でお話を伺わせていただく、という方法をとっております。
お電話でお話を伺う場合も、実際に事務所にお越しいただく場合と同様、詳しく状況を聞かせていただくのにかなりのお時間を頂戴します。
そのため、無料相談のご予約のお電話をいただいた際に、実際に無料相談の電話が可能な日時を決める、という流れになります。

2. 任意整理を依頼する

無料相談にお越しいただき、「当事務所に依頼をしよう」と思ってくださったのであれば、その場でぜひご依頼ください。
当事務所は、ご依頼を受けた当日から手続を進めていくことが可能です。
ご依頼の意思を確認させていただいた後、契約書などの取り交わしを行っていきます。
(※着手金として原則3万円をいただいております)

もちろん、「当事務所に依頼をしたくない」と思われた場合でも、ご相談自体は無料ですのでご安心ください。

※神奈川県外の方
無料相談はお電話にて行わせていただいております。
(フリ―ダイヤルをご利用いただくので通話料はかかりません)
電話で実際に相談をされてみて、「当事務所に依頼をしても大丈夫そうだ」と思ってくださったのであれば、ぜひその場でご依頼ください。

ご依頼の意思を確認させていただいた後、当事務所との契約の手続や、契約に関してご用意いただく書類のご案内をさせていただきます。

3. 債権者に受任通知を発送する

依頼をお引受けした当日、もしくは翌日中に、各借入れ先(債権者といいます)に対して「受任通知」という書類を発送します。

この受任通知が届くと、債権者は借金の取立てや督促(早く返せ!と催促することです)を法律上禁止されます。
もし、債権者からの電話などで毎日お悩みの場合でも、受任通知が債権者に届けば、もう悩まされることはありません。

※神奈川県外の方
受任通知の発送については、無料相談のお電話でご案内させていただいた必要書類が当事務所に届いたことを確認できた当日、もしくは翌日中に行わせていただきます。

4. 取引履歴の開示請求をする

債権者は、お金を貸している相手(債務者といいます)とどのような取引をしているかということを詳しく記録しています。
この、取引に関する詳しい記録のことを「取引履歴」といいます。
具体的には、「お金を貸した日」・「お金を返した日」・「利率」・「返済が遅れた日数」・「残りの借金額」などの情報が載っています。

依頼者の方がどのような取引をしてきたのか正確に把握するために、債権者に対して取引履歴の開示を請求します。
債権者は、開示請求があった場合は,原則開示をしなければならないということが法律で定められているので、 「債権者が取引履歴を出してくれないのではないか?」というような心配はいりません。

5. 借金の再計算をする

債権者から取り寄せた取引履歴を元に、依頼者の方が 「本当に支払うべき」借金の金額を計算します(引直計算−ヒキナオシケイサンといいます)。

なぜこのような計算が必要なのでしょうか?

取引履歴を見ていると、多くの消費者金融(お金の貸付をメインの業務にしている会社のことです)で、法律で定められている範囲以上の利率を設定してお金を貸しているといった状況が見られます。
最近では消費者金融も変わりつつあるようですが、現在のように問題視される前までは、かなり高い金利(20%後半)を設定して貸付を行っていた会社が多く存在します。

そのような会社と取引をしていた場合、「返しても返しても借金が減っていかない」という感覚になります。
なぜそのような感覚になるのかというと、返しているお金の大部分が、違法な利息分の支払いということにされてしまう=元金がなかなか減っていかないという状態になってしまっているからです。

そこで、もし利率が法律で定められている範囲内(15〜20%)だったとしたら、支払うべき金額はいったいいくらになるのだろうか、ということを計算してみます。

そうすると,大抵の場合、依頼者の方自身が払わなければならないと思っていた金額よりも、本当に支払わなければならない金額の方が低くなります。
計算の結果、過去に利息分として支払っていた金額のうち、合法な金利(15〜20%)を超える部分の支払いにされてしまった金額については,元金の返済として遣うことができるからです。

この計算の結果、残っていると思っていた借金がゼロになったり、それどころか、逆に債権者に対して多く支払い過ぎていた(過払い金の発生)という事実が明らかになったりします。

6. 過払い金の請求をする(過払い金が発生している場合)

過払い金とは、簡単に言ってしまえば、「債権者に対して多く返し過ぎたお金」のことです。

法律上、返す必要のないお金を返していたことになるので、債権者に対して「返し過ぎたお金を返してほしい」と請求することができます。

当事務所では、引直計算をして過払い金の発生が判明した場合、依頼者の方に1円でも多く利益を得ていただくために、断固たる姿勢で過払い金の返還請求を行っています。

過払い金については、「過払い金とは」のページで詳しく説明しています。

7. 和解案のご提案をする

引直計算をして、本当に支払わなければならない金額が判明したら、その金額について、「どのように支払っていけば、依頼の方が生活にムリなく返済を続けていけるか?」月々の返済額や返済回数などを検討していきます。
こうしてできた返済方法が「和解案」です。

当事務所では、和解案を作成した後、依頼者の方に確認していただき、ご希望を伺っております。
当事務所と債権者との間だけで勝手に話し合いを進めていくことはありませんのでご安心ください。

8. 債権者と交渉する

当事務所で作成した和解案について、依頼者の方から了承をいただいたら、いよいよ債権者と話し合いを行っていきます。

和解案は、依頼者の方に有利な条件で作成しています。
そのため、債権者によっては、「当事務所で作成した和解案の内容では納得できない」といってくる会社もあります。
そのような会社については、粘り強く話し合いを続け、少しでも依頼者の方に有利な条件で返済をしていくことができるように交渉していきます。

具体的には、「借金の残高をいくらとするか」・「返済回数は何回にするか」・「これから発生する利息はどうするか」・「以前支払が滞っていた場合、そのペナルティについてはどうするか」などについて、話し合って決めていきます。

9. 和解書の作成・取り交わしをする

債権者との話し合いで決まった事柄について、書類を作成し(和解書といいます)、債権者と取り交わします。
(和解書は2通作成し、債権者と債務者(依頼者の方)がそれぞれ1通ずつ保管することになります)

書類を取り交わすことによって、任意整理の手続を終えて、当事務所がお手伝いをすることがなくなっても、債権者はもちろん,債務者の方も安心して返済を行っていくことができます。

10. 返済を開始する

当事務所では、依頼者の方ご自身で、和解書に指示された銀行口座にお振込みいただき、返済していっていただくという方法をとっております。
和解書のとおりに問題なく返済を行っていっていただければ、借金は完全にゼロになります。

無料相談お申込みはこちらからお電話でのお申込み 通話料無料のフリーダイヤル(携帯電話からもつながります) 24時間受付中!土曜、日曜、祝日も受付しております。0120-373-000
インターネットでのお申込み無料相談お申込みフォーム
ページの先頭へ