HOME > 借金でお悩みの方へ > 借金整理、考えてみませんか?

借金整理、考えてみませんか?

〜借金の整理をした方がいいのかな、それとも…〜

「どうにかしたいけれど、どうしたらいいかわからない」
「だれにも相談できないままどんどん増えてしまって、自分でも返せない金額になっている・・・」

借金で悩んでいる多くの方が、こうした気持ちをだれにも言えず、心の奥に抱えています。
そして、
悩んでいるだけでどうすることもできないまま、放っておいている方がたくさんいるようです。

しかし、そのままでは状況はどんどん悪化していきます。

どんな風になるかというと…

① 借金が雪だるま式に増えていきます!

消費者金融は金利が高いため、返しても返しても、なかなか元本が減りません。
減るどころか借金を重ねて、さらに借金を増やしてしまう方が多いのです。

② 借金を返すために、他からさらに借りるという悪循環がはじまります!

こうなると、事態が良くなることを見込めないばかりか、すでに赤信号です。
返すために新たな借金をして、そのお金で生活している場合は、
「何とかなっている」のではなく「もうどうにもならない状況」です。

③ 再スタートの時期が遅くなります!

借金の額が少ないうちであればあるほど、
手続は比較的短期間で済み、
裁判所を通さずに借金を解決できる可能性も高くなります。

一方、借金の額が大きくなると、
任意整理(法律を武器に債権者と交渉し、 借金を減額する手続き)で解決できる状況を超え、裁判所での手続が必要な自己破産を選択することもあります。

その自己破産をとりましても、
個人の方であれば、多くの方が簡略化された自己破産手続ですみます。

しかし、
借金の額がさらに大きくなると、正式な自己破産手続きが必要になる可能性があります。

そうなると、
自己破産手続きが大変になったり、
自己破産手続きにかかる費用の負担が重くなったり、
自己破産手続きが終わるまでの期間が長くなる可能性もあります。

いかがでしょうか。
さらにもう一つ、返済を続けるかどうかを判断する目安として、次の4点があります。

  1. 今後、新たに借金しなくても、今の借金を毎月返済していける
  2. 借金の返済をして、残ったお金だけで生活できる
  3. 毎月ある程度の貯金ができる
  4. 返済額が月収の4分の1程度におさまっている


これらの条件をクリアしていなければ、ご自身の力で借金を返済するのは難しいといえます。

自分一人で悩んでいると、出口のないトンネルにポツンといるように思えるかもしれません。
けれど、専門家に相談すれば、合法的な手段できちんと整理することができるのです。
具体的な方法としては4つあります。次は、具体的な方法についてご紹介します。

無料相談お申込みはこちらからお電話でのお申込み 通話料無料のフリーダイヤル(携帯電話からもつながります) 24時間受付中!土曜、日曜、祝日も受付しております。0120-373-000
インターネットでのお申込み無料相談お申込みフォーム
ページの先頭へ