HOME > 求人情報 > 「司法書士」としての勤務をお考えの方へ

「司法書士」としての勤務をお考えの方へ

佐藤 健太郎(さとう けんたろう)/司法書士

こんにちは。

 

アミーズ横浜司法書士事務所 代表司法書士 佐藤健太郎です。

当センターおよび当事務所(以下当グループ)の
求人募集に興味を持ってくださり、ありがとうございます。

ここでは当グループの特長や
求める人材についてお話しします。

まずは、じっくりとお読みください。

アミーズ横浜司法書士事務所とは?

アミーズ横浜司法書士事務所は、
今から約10年前、平成19年5月に誕生した、
「新しさ」と「10年以上の歴史」の混在する司法書士事務所です。

「新しさ」というのは、開業してから日が浅いというだけではありません。
「日々成長」をモットーに、スタッフには高い意識で業務に取り組んでいます。

 

正直に告白すると、実情は「頭の中がてんやわんや」です。
日々、サービスをよりよくすることを考えて、
仕事の進め方を改善することの連続です。
はたらく時間は定時までで、事務職ですから肉体的な負担は軽いかもしれません。
一方、
スタッフの頭には忙しく働いてもらっています。


希望に胸を膨らませて入所したものの、ほんの数ヶ月で辞めてしまった人もいます。
理想と現実とのギャップを痛感することも多いです。

しかしながら、代表である私、佐藤は、常に依頼者の目線に立ったサービスを提供し、
喜ばれ、感謝され、小さいながらも世の中の役に立つことで、
やがては日本一のサービスを誇る司法書士事務所グループを創り上げていきたいと願っています

 

当グループの仲間となることで、あなたは次のメリットを得ることができるでしょう。

上司のいいなりになるのではなく、自分で創り上げていく醍醐味を味わえます

事務所内の風通しがよいため、
依頼者にとって、またスタッフにとってよい意見であればどんどん採用されます。


「自分もチームの一員として、仲間と一緒に理想の職場を創り上げていきたい!」
と考える方にとっては、
毎日がとても楽しく、刺激に満ちた職場といえるでしょう。

歴史の若い職場のため、元気よく働けます

当グループは、今まさに一歩一歩、成長している最中です。

今はまだいたらない点・未熟な点も、
あなたの加入によって、成熟した点へと変えていくことができます。

未経験者も主役の一人として、責任あるポジションにつけます

通常業務のほかに、ウェブサイト制作、マーケティング、業務のシステム化、
経理、労務管理、採用教育など、興味のあることに積極的に取り組んでいけます。

また、
「依頼者にとって、またスタッフにとって、どうすればもっとよくなるか? どうすればもっと楽しくなるか?」
を、まさにあなたが主役になって、実行していける環境があります。

法律の専門知識が身につきます

仕事を通して、法律の専門知識が身につきます。
今までは縁がないと思っていた「法律」を身近に感じ、実生活でも活かすことができます。
しかしながら、ひょっとすると、勉強してはみたものの、
法律には馴染めない、
論理的な解釈がどうしても苦手だと感じる方もいるかもしれません。

 

良い・悪いではなく、向き・不向きはだれにでもあるからです。

当グループのスタッフとして、法律に親しみ、
法律と仲良くなる姿勢は不可欠ですから、ご自身なりによく考えてみてください

求める人材は?

当グループでは、

 

  • 指示を待つのではなく自分から仕事を見つけて取り組める、自主性のある方
  • 理想を現実化したい、やる気と向上心のある方
  • まわりからのアドバイスを受け入れる、素直な方

を求めています。

その一方で、
「給料がいいから」
「チームワークがよさそうだから」
「働きやすそうだから」
などと、
条件を求めるばかりで自ら改善しようという気のない方にとっては、
働きにくい職場だと思いますので、あらかじめご了承ください。

学歴、年齢、性別は問いません。
結婚・出産などでブランクのある方も歓迎します。
ただし、Eメールを送信できる程度のPCスキルは必須となります。

 

仕事に対する姿勢は真剣です。
事務所のサービスの質がよくなる過程を、
楽しんでいける気概の持ち主であれば、

得られるものは多いはずです。

 

いたらないところもありますが、それはあなた自身が主役となって、
改善してください。また、スタッフ一同、一緒に創り上げていきましょう。

 

未経験者も大歓迎です。
共に切磋琢磨していける仲間を、心からお待ちしています。

アミーズ横浜司法書士事務所

代表 司法書士 佐藤 健太郎

追伸

当グループでは、面接の際に
「多くの求人募集がある中で、なぜ当グループで働きたいのか?」
について、必ず質問させていただくことにしています。

 

上記の質問に対して、きちんと自分の言葉で答えてくださる方、
そのための準備をしっかりとしてくださる方のみ、ご応募ください。 


pagetop