名寄帳/不動産の相続登記と名義変更の代行パックを司法書士が提供

土日祝日24時間、相続登記のご依頼をいただけます

お気軽にお電話どうぞ通話無料のフリーダイヤル土日祝24時間

0120-373-000

申込みはこちらから

不動産の相続登記まるごと代行パック

お気軽にお電話どうぞ通話無料のフリーダイヤル土日祝24時間

0120-373-000

申込みはこちらから

HOME > 用語集 > な行(内縁~) > 名寄帳とは何か

名寄帳とは何か

固定資産税とはその者が名義となっている土地不動産に課税される税金のことです。

 

この名寄帳はその固定資産税の課税のために調えられている台帳のことで、
課税を行っている地方公共団体が管理しています。
また、取得に関しても法務局ではなく地方公共団体の窓口になります。

 

名寄帳にはその者が名義人となっている土地不動産の一覧が表示されています。

 

地方公共団体はこうして一覧を作ることにより漏れなく課税を行うのですが、
この名寄帳は相続の登記を漏れなく行うためにも非常に有用なものです。

 

被相続人の名寄帳を参照すれば被相続人の所有する
土地不動産の一覧が表示されているのです。

 

相続に際してこれを有効活用しない手はありません。
相続が発生したらまずは名寄帳を地方公共団体の窓口で取り寄せることが
第一歩とさえ言えるでしょう。

 

名寄帳で相続財産となる土地不動産を確認したら後は必要書類を揃えて
一気に相続を原因とした所有権移転登記を申請すれば良いだけです。

 

司法書士に依頼すれば名寄帳を取得し相続財産となる土地を確認した上で必要書類を取得し、
登記申請書類と添付情報を法務局に提出するところまでしてくれます。
また、念のために一覧にある土地を登記記録で確認もしてくれるでしょう。

 

こういった細かな作業はなかなか面倒で難しいものですが、
司法書士はこうした登記に付随する確認作業も仕事のうちです。

 

登記に慣れていない者だとなかなか気づかない点や
確認すべき点を指摘してもくれるでしょう。

 

気をつけないといけない点としては、
一覧には個人名義の土地不動産は記載されているけれども、
法人名義の土地不動産は記載されていないという点です。

 

被相続者が会社を経営していた場合にはその会社名義の土地は一覧に出ていませんので
別個確認する必要があります。

 

また、課税のための台帳なので、非課税の土地(公衆用道路等)について
記載されていない場合もありますので、注意が必要です。

関連する用語

評価証明書

毎月20名の方だけがご利用いただけます

『「不動産の相続登記」まるごと代行パック』をていねいに進められるのが、
毎月20件前後なのには、わけがあります。

 

戸籍、とりわけ明治~昭和30年以前にできた戸籍を解読するのには
とても時間がかかります。
まちがいが許されない、正確にしなければならない作業です。

 

当事務所の本サービスを担当するスタッフは現在4名です。
1人がていねいに登記の手続のお手伝いをできる件数は毎月約5件です。
事務所としては約20件(5件×4名)です。

 

毎月20件を超えるご依頼をいただくと、スタッフの手が一杯になることがあります。
結果として、お申込みをいただいても、
相続登記の準備にとりかかるまで少しお待ちいただくこともあります。

 

相続した不動産の名義変更のための登記を、
「できるだけ少ない費用で専門家に任せたい」
「Eメールと郵便で当事務所とやり取りできる」
という方は、いますぐにでも、
『「不動産の相続登記」まるごと代行パック』について、
お問合わせいただき、今月の状況を
ご確認くださると助かります。

お気軽にお問い合わせください

0120-373-000

0120-373-000

お申し込みはこちら

 

お気軽にお電話にてお問い合わせをどうぞ

「なぜ、これだけの低価格でこれだけ特典のつくサービスを実現できるのか?」
「Eメールでやりとりできる人限定のサービスだから、司法書士の人件費を
抑えられるのはわかった。けれど、本当にそれだけの理由なのだろうか?」
こう、お感じの方もいらっしゃるかもしれません。

 

たしかに、少ない手数料よりも多い手数料をいただける方がありがたいです。
とはいえ、全国の多くの相続人の方に、
当事務所のこのパックをご利用いただくことで、
別の機会にお声がけいただくこともあると考えています。
これはとてもうれしいことです。

 

こんな思いで、今の手数料と特典でこのパックのご案内を続けています。

 

「司法書士が自分で自分たちについて言っている事だから・・・」
と思われるかもしれません。
それでも、司法書士法人アミーズ横浜事務所の思いをお伝えしないよりも、
お伝えした方がいいと思い、書かせていただきました。

page