明治19年式戸籍/不動産の相続登記と名義変更の代行パックを司法書士が提供

土日祝日24時間、相続登記のご依頼をいただけます

お気軽にお電話どうぞ通話無料のフリーダイヤル土日祝24時間

0120-373-000

申込みはこちらから

不動産の相続登記まるごと代行パック

お気軽にお電話どうぞ通話無料のフリーダイヤル土日祝24時間

0120-373-000

申込みはこちらから

HOME > 用語集 > ま行(抹消登記~) > 明治19年式戸籍とは何か

明治19年式戸籍とは何か

日本で戸籍制度が始まったのは明治時代のことであり、明治5年に制定された
明治5年式戸籍(作製された年の干支にちなんで壬申戸籍とも呼ばれている)が、
日本で最も古い戸籍となっています。

 

その後明治19年と明治31年に戸籍改製が行われ、
それぞれ明治19年式戸籍、明治31年式戸籍と呼ばれています。

 

現在でも古い戸籍は取得が可能となっていますが、
取得可能な戸籍の中で最も古い年代のものが、この明治19年式戸籍となっています。

 

では、なぜ最初の戸籍である明治5年式戸籍が取得不可能なのかというと、
それは戸籍の中に、江戸時代の身分差別ともいえる項目が記載され
残っているためとされています。

 

そのため、戸籍改製により江戸時代の身分差別事項が排除された
明治19年式戸籍から取得ができるようになっているのです。

 

明治19年式戸籍を見ると、江戸時代の年号である安政・慶応・文久・嘉永などという
言葉を目にすることができ、長きにわたって続いた江戸時代を感じることができます。

 

また、家制度が設けられている時代であり、現代の戸籍とは異なり
家単位の戸籍情報となっています。

 

そのため、家長である「戸主」を中心に、
その直系の親族からそれに繋がる傍系の親族までを一つの親族として、
それにあたる人物の情報がずらりと記載されています。

 

現代の戸籍では、家単位ではなく夫婦単位へと変わっており、
夫婦からその子供までの二世代のみが記載されていますが、
明治19年式戸籍では戸主とその子供に加え、孫やひ孫、兄弟の妻や甥・姪、さらに
その子供達までもが記載されており、兄弟が多いとその人数もとても多くなりました。

 

こうしたことから、この年式の戸籍では戸籍簿も何枚にも綴られており、
現代の戸籍と比べ厚いものでした。

 

明治19年式戸籍では、出生・死亡・結婚・離婚・養子縁組などの事項を
主に記載していましたが、更に失踪者の帰還や家督相続の変更、
一族の名前の変更、勘当なども記載されています。

 

またこの時代の戸籍は全て手書きで作成され更に旧字体であることから、
解読に苦労したりほとんど解読不明な場合もあります。

 

この時代の戸籍の保存期間というと、およそ50年~80年程度であったため、
それを過ぎると廃棄されてしまうケースも多くありました。

 

そのため、取得が可能といっても現存していなければ
閲覧することができない場合もあります。

関連する用語

改製原戸籍

毎月20名の方だけがご利用いただけます

『「不動産の相続登記」まるごと代行パック』をていねいに進められるのが、
毎月20件前後なのには、わけがあります。

 

戸籍、とりわけ明治~昭和30年以前にできた戸籍を解読するのには
とても時間がかかります。
まちがいが許されない、正確にしなければならない作業です。

 

当事務所の本サービスを担当するスタッフは現在4名です。
1人がていねいに登記の手続のお手伝いをできる件数は毎月約5件です。
事務所としては約20件(5件×4名)です。

 

毎月20件を超えるご依頼をいただくと、スタッフの手が一杯になることがあります。
結果として、お申込みをいただいても、
相続登記の準備にとりかかるまで少しお待ちいただくこともあります。

 

相続した不動産の名義変更のための登記を、
「できるだけ少ない費用で専門家に任せたい」
「Eメールと郵便で当事務所とやり取りできる」
という方は、いますぐにでも、
『「不動産の相続登記」まるごと代行パック』について、
お問合わせいただき、今月の状況を
ご確認くださると助かります。

お気軽にお問い合わせください

0120-373-000

0120-373-000

お申し込みはこちら

 

お気軽にお電話にてお問い合わせをどうぞ

「なぜ、これだけの低価格でこれだけ特典のつくサービスを実現できるのか?」
「Eメールでやりとりできる人限定のサービスだから、司法書士の人件費を
抑えられるのはわかった。けれど、本当にそれだけの理由なのだろうか?」
こう、お感じの方もいらっしゃるかもしれません。

 

たしかに、少ない手数料よりも多い手数料をいただける方がありがたいです。
とはいえ、全国の多くの相続人の方に、
当事務所のこのパックをご利用いただくことで、
別の機会にお声がけいただくこともあると考えています。
これはとてもうれしいことです。

 

こんな思いで、今の手数料と特典でこのパックのご案内を続けています。

 

「司法書士が自分で自分たちについて言っている事だから・・・」
と思われるかもしれません。
それでも、司法書士法人アミーズ横浜事務所の思いをお伝えしないよりも、
お伝えした方がいいと思い、書かせていただきました。

page