役員(取締役、監査役)1|不動産会社設立なら宅建業設立専門のアミーズ横浜司法書士

ページトップ

アミーズ横浜司法書士は会社設立で評判です。

役員(取締役、監査役)その1

〜取締役の任期をまちがえたばっかりに、会社が倒産!?〜

取締役の任期は1年から10年の間で自由に選べるため(公開会社は除く)、
安易に10年とすることが多いようです。
設立手続を請け負うプロの中にも任期10年をすすめるか、
中には希望も聞かずに10年にするところもあるようです。

任期が切れたときにそのまま取締役をつづける場合でも、
株主総会で取締役として再選してもらわなければなりません。
また、その際には、任期満了による退任と就任の旨を登記しなければなりません。

これらの手続には手間もお金もかかりますから、
最長の10年を選ぶのがいちばん手っ取り早い、
という考えにうなずけないわけではありません。

しかし、安易に任期を長くすることでデメリットを被ることがあります。
例えば、
・取締役の中に、共同経営していくのが困難に感じる人が出てきた場合
・取締役と経営方針が異なる場合

これらの場合、任期満了までずっと、
その取締役と経営を共にしなければなりません。
当然、報酬も支払わなければなりません。

任期が短ければ、任期満了まで待ち、
その取締役を解任できます。
株主総会でその取締役を再任しなければ済むわけです。

任期途中で取締役を解任する方法もありますが、
そうすると不当な解雇という理由で損害賠償を求められ、
金銭的にも精神的にも大きなダメージを被るリスクがあります。
場合によっては、
泣く泣く残りの任期分の役員報酬を支払うことになるかもしれません。

お申込みはカンタンですいますぐ、お申込みをどうぞ!

1. お電話で

通話料無料のフリーダイヤル(携帯電話からもつながります。)

2. 下の申込みボタンから
お申し込みはこちら

まずは直接メールで質問してみる

(C) Copyright 2010 アミーズ横浜司法書士事務所 All rights reserved.

横浜・東京で不動産会社設立手続きをサポートしている宅建業専門司法書士です。