HOME > 借金でお悩みの方へ > 借金整理のメリット・デメリット > 過払い金請求

過払い金請求のメリット・デメリット

過払い金返還請求のメリット

現金が戻ってくる喜び!

過払い金返還請求のメリットは、やはり、払ったからと諦めていたお金が戻ってくるということでしょう。
   
過払い金は、消費者金融などからお金を借りている方がこれまでに高い利息を必死に返してきたために発生するものです。
過払い金の請求をお考えの方の中には、「どうせ返してもらえないだろう」と、諦めがちの方もいらっしゃることでしょう。
しかし、過払い金を請求する権利は、これまで払う義務のない利息を返してきた方にとっては当然の権利なのです。
その権利を使って、本来はご自身の財産だったはずのお金を取り戻し、今現在、あるいはこれからの生活を少しでも豊かにしていただきたいと思います。

過払い金返還請求のデメリット

「信用情報機関」に登録される可能性があります

過払い金返還請求をした場合でも、任意整理や自己破産をしたときと同様、「信用情報機関」に過払い金の返還請求をした、という事実が登録され、5〜7年の間、ローンが組めなくなったり、クレジットカードを新しく作ることができなくなったりする可能性があります。
(登録のされ方は、「債務整理」あるいは「契約見直し」とされることが一般的なようです)

ここでのポイントは、登録される「可能性がある」ということです。
過払い金返還請求をされた際、貸し手側は、請求者について信用情報機関への登録を必ず行う、というわけではありません。
貸し手それぞれの判断によって登録するかしないかが決められている、というのが現状のようです。

過払い金返還請求をするときには、「信用情報機関に登録される可能性がある」ということを充分に考慮に入れておく必要があるでしょう。

ちなみに、貸し手側に対して、信用情報機関に登録した情報を訂正するように申立てることもできますが、実際に登録をするのはあくまで各貸し手なので、申立てた希望通りに訂正してもらえるかどうかわからない、というのが現状のようです。

無料相談お申込みはこちらからお電話でのお申込み 通話料無料のフリーダイヤル(携帯電話からもつながります) 24時間受付中!土曜、日曜、祝日も受付しております。0120-373-000
インターネットでのお申込み無料相談お申込みフォーム
ページの先頭へ