HOME > 民事再生の流れ > 民事再生の流れ STEP3

民事再生の流れ STEP3

民事再生の申し立て後から、裁判所による民事再生の認可まで

約6カ月

1. 民事再生委員との面接(約1時間)

民事再生委員と依頼者・司法書士の3者で面接します。

主に民事再生委員から質問を受けるのは、なぜ借入したのか、その事情と現在の家計の状況などです。

 

民事再生委員とは、民事再生を申し立てた人が再生手続を進めることができるかどうかを判断し、

その結果を裁判所に報告する人です。

通常、再生成委員として弁護士が裁判所から選ばれます。

2. 民事再生手続の開始決定

 

裁判所が民事再生委員の報告を踏まえ、再生手続を進めるのが妥当と判断すると、

「再生手続開始決定」を下します。

これは、文字通り、手続を開始することが決まったという意味で、

認可が下りるか下りないかの決定にはもう少し時間がかかります。

3. 再生計画案を裁判所へ提出

  当事務所が、住宅ローン以外の借金の返済計画案を裁判所に提出します。

4. 再生計画認可決定 裁判所

 

裁判所は、再生計画案の通りに返済できると判断した後、「再生計画の認可決定」を下します。

5. 返済の開始

 

認可の決定後、約1カ月で認可が正式に確定します。

その後、整理されて残った借金の返済を開始します。

無料相談の問い合わせから、手続開始まで

通常1日〜5日ほど

手続開始後から、民事再生の申し立てまで

約4ヵ月

「民事再生にかかる費用」ページへ

お電話(メール)だけなら簡単です。まずはお気軽に、民事再生の無料相談にお申し込みください。

無料相談24時間/土・日・祝日も受付中!!
通話料無料のフリーダイヤル(携帯電話からもつながります) みなさんマルマルマル 0120-373-000
無料相談申込みフォームはこちらからどうぞ
お断りする場合
ご安心ください。ボタンをクリックしても、過払い請求の無料相談ページに移動するだけで、無料相談申込みにはなりません。
なぜ無料で相談に応じるのか、疑問に思う方もいらっしゃるでしょうか。
当方の無料相談をご利用になることで当方を信頼していただき、結果としてご依頼をいただければ幸いですが、実際にはアドバイスだけで終わる方も多くいらっしゃいます。
私たちは、それでもかまわないと考えています。
なぜなら、住まいを残す民事再生という方法をお伝えすることが、まずはいちばん大切だと思うからです。
 
一度、お問合せだけでもしてみてはいかがでしょうか。
と、いくら申しましても、「業者のいうことだから、信用できない」
「セールスされるのでは?」と不安を覚える方もいらっしゃるかもしれません。
それでも、私たちの想いをお伝えしないより、お伝えするほうがいいと思い、書かせていただきました。