相続登記をする理由とは/不動産の相続登記と名義変更の代行パックが全国対応

土日祝日24時間、相続登記のご依頼をいただけます

お気軽にお電話どうぞ通話無料のフリーダイヤル土日祝24時間

0120-373-000

申込みはこちらから

不動産の相続登記まるごと代行パック

お気軽にお電話どうぞ通話無料のフリーダイヤル土日祝24時間

0120-373-000

申込みはこちらから

HOME > 不動産の登記の基本 > 相続登記をする理由とは?

相続登記をする理由とは?

一言で相続登記をする理由を表すと、
「不動産を相続した人の権利を守るため」
だと当事務所は考えます。

はじめに

相続登記は法律上の義務ではないので「する」「しない」は、相続人さまの自由です。
相続登記しなくても、しばらくの間でしたら相続人さまは自宅をいままでとおりに使うことができます。
にもかかわらず、費用(司法書士の手数料や登録免許税)をかけて相続登記する方がいい理由はなんでしょうか。

 

当事務所は、
「相続登記する理由とは、不動産を相続した人の権利を守るため」だと考えています。
相続人全員で話し合った結果、
不動産を相続することになった人の権利は、相続登記しないと不安定になります。

登記をしないと、不動産はだれのもの?

不動産の所有者がお亡くなりになって、
相続人が名義変更の登記をしないと次のようになります。
不動産の権利を相続人の全員が持っている状態になります。
たとえば、下のご家族で太郎さんが亡くなられたとします。
太郎さんはご自宅の土地と建物を所有していました。

 

登記をしないと、不動産はだれのもの?

 

 

相続人は、妻の花子さん、長男の一郎さん、次男の二郎さんの3人です。
3人で遺産をどう分けるのかを決める間での間、太郎さんの土地と建物は、花子さんと一郎さんと二郎さんで共有になります。花子さんが住んでいても、一郎さんが山下家を継ぐことが家族の中での暗黙の了解でも、ご自宅をだれが相続するのかを決めないと、3人の共有になります。

共有状態は危険なので、相続登記をする理由になります。

もし、太郎さんの相続人の3名が相続登記をしないまま月日がたち、
二郎さんが花子さんに先立って亡くなられたとします。

 

共有状態は危険なので、相続登記をする理由になります。

 

 

すると、太郎さんの土地と不動産は、花子さんと一郎さん、重一さん、眞子さん、美智子さんの共有になります。
このときに一郎さんの名義に相続登記をしようとすると、美知子さん眞子さん重一さんの協力も必要です。

 

このように、相続登記をしないまま放っておくと、共有者が亡くなられたときに、共有者が増えていきます。持ち主が増えれば増えるほど、共有者の協力の必要な手続を進めるのは大変になります。
たとえば、遠方に住む方、疎遠な方、認知症の方が共有者にいるととても苦労します。
相続登記を一郎さんにしておけばこのような心配はなくなり、安心です。

実際にあった「相続人が80名の相続」のご相談の事例

以前、不動産の相続人が80名にまで増えてから手続きをされたお客さまがいらっしゃいました。
ここまでの人数になりますと、
連絡の取れない方、認知症の方、手続き中になくなられた方などさまざまなご事情の方があり、
何年もかけて、ようやく相続登記をすることができました。

相続登記が必要な場合

次のような場合、
不動産の所有者を故人さまからご健在の方に移転する相続登記が必要です。
代表的2つの場合をあげます。

 

  • 相続した不動産を売る場合
  • 相続した自宅を、住宅ローンを組んで建替えるとき
  • このほか、不動産を相続した人が権利に関する登記をする場合。

 

「実際の権利の動き」と「登記」を、そろえる必要があると法律で決められています。

 

たとえば、不動産を売るとなると、「実際の権利の動き」は、
故人さま→相続人さま→買い主さま
となります。
ですから、「登記」もこの通りにしなければならず、相続登記が必要です。
故人さま→買い主
というような、中間の相続人さまに権利が移った事実を省いた登記はできません。

 

別の見方をすると、
故人さまが売主にはなれませんので、
相続人に所有者を移転する相続登記が必要になります。

毎月20名の方だけがご利用いただけます

『「不動産の相続登記」まるごと代行パック』をていねいに進められるのが、
毎月20件前後なのには、わけがあります。

 

戸籍、とりわけ明治~昭和30年以前にできた戸籍を解読するのには
とても時間がかかります。
まちがいが許されない、正確にしなければならない作業です。

 

当事務所の本サービスを担当するスタッフは現在4名です。
1人がていねいに登記の手続のお手伝いをできる件数は毎月約5件です。
事務所としては約20件(5件×4名)です。

 

毎月20件を超えるご依頼をいただくと、スタッフの手が一杯になることがあります。
結果として、お申込みをいただいても、
相続登記の準備にとりかかるまで少しお待ちいただくこともあります。

 

相続した不動産の名義変更のための登記を、
「できるだけ少ない費用で専門家に任せたい」
「Eメールと郵便で当事務所とやり取りできる」
という方は、いますぐにでも、
『「不動産の相続登記」まるごと代行パック』について、
お問合わせいただき、今月の状況を
ご確認くださると助かります。

お気軽にお問い合わせください

0120-373-000

0120-373-000

お申し込みはこちら

 

お気軽にお電話にてお問い合わせをどうぞ

「なぜ、これだけの低価格でこれだけ特典のつくサービスを実現できるのか?」
「Eメールでやりとりできる人限定のサービスだから、司法書士の人件費を
抑えられるのはわかった。けれど、本当にそれだけの理由なのだろうか?」
こう、お感じの方もいらっしゃるかもしれません。

 

たしかに、少ない手数料よりも多い手数料をいただける方がありがたいです。
とはいえ、全国の多くの相続人の方に、
当事務所のこのパックをご利用いただくことで、
別の機会にお声がけいただくこともあると考えています。
これはとてもうれしいことです。

 

こんな思いで、今の手数料と特典でこのパックのご案内を続けています。

 

「司法書士が自分で自分たちについて言っている事だから・・・」
と思われるかもしれません。
それでも、司法書士法人アミーズ横浜事務所の思いをお伝えしないよりも、
お伝えした方がいいと思い、書かせていただきました。

page