相続登記の費用について/不動産の相続登記と名義変更の代行パックを司法書士が全国対応

土日祝日24時間、相続登記のご依頼をいただけます

お気軽にお電話どうぞ通話無料のフリーダイヤル土日祝24時間

0120-373-000

申込みはこちらから

不動産の相続登記まるごと代行パック

お気軽にお電話どうぞ通話無料のフリーダイヤル土日祝24時間

0120-373-000

申込みはこちらから

HOME > 費用について

費用について

相続した不動産の名義変更の登記に必要な費用は、次の3つです。

1.司法書士の手数料

2.実費

3.登録免許税

1 司法書士の手数料について

お客さまがわかりやすいよう、
不動産の評価額に関わらずパックごと手数料を一律にしています。

 

基本手数料(税抜)

  • 49,980円

    (税抜・定額制)

  • 89,980円

    (税抜・定額制)

  • 34,980円

    (税抜・定額制)

プランごとの、基本手数料に含まれるサービスの比較表です。

プラン名標準パック安心パック節約パック
相続人の数 4名まで 8名まで 3名まで
不動産の筆数 2つまで 4つまで 2つまで
不動産の固定資産税の評価額 2,000万円まで 4,000万円まで 1,500万円まで
取得できる戶籍類 5通まで 10通まで 0通(ご自身で取寄せ)

 

プランごとのサポート内容

書類の取り寄せ・相続人の確定
サポート内容標準パック安心パック節約パック
被相続人の戸籍取得 ×(ご自身)
被相続人の戸籍の付票 ×(ご自身)
固定資産税の評価証明書 ×(ご自身)
基本料金で取得できる戸籍 5通まで 10通まで -
登記の準備・事前調査
サポート内容標準パック安心パック節約パック
登記情報の取得
公図の取得
登録免許税の計算
遺産分割協議書の作成
相続登記の申請から完了の代行
サポート内容標準パック安心パック節約パック
登記申請の代行
登録免許税の支払いの代行
戸籍の原本還付の代行 ×
登記識別情報(権利証)の受取
名義変更後の登記事項証明書の取得
特典
サポート内容標準パック安心パック節約パック
戸籍の履歴書の作成 ×
納品書類を1冊のファイルに製本 ×
権利証を専用の表紙で製本 ×
遺産分割協議書を専用の用紙で製本 ×
相続関係説明図 ×
法定相続分計算シート ×
遺言の作成を29,800円でサポート ×
遺言の無料相談 1回 3回 ×
税理士による税金相談 1回 3回 ×
エンディングノート、または遺言ノート ×
エンディングノート、または遺言ノート × ×

オプション(税抜)

項目手数料
プラン上限の通数を超えて 戸籍謄本の取り寄せが必要になった場合 1通追加ごとに 1,980円
相続人の人数がプランの上限を超える場合 超過1名ごとに 4,980円
代襲相続人がいらっしゃる場合 ※1 19,980円
数次相続が発生している場合※2 24,980円
不動産の評価額がプランの上限を超える場合 1000万円超過ごとに、9,980円
不動産の数が2つを超える場合 3つ目から1つごとに 4,980円
不動産を相続する人が2名以上の場合 1名増えるごとに 19,980円
抵当権の抹消をご希望の場合 1件ごと 9,980円

※1 代襲相続とは、

不動産の名義人(被相続人)よりも先に、
ご健在であれば相続人になる方が亡くなっていて、その方の子どもが相続人になる場合です。たとえば、不動産の所有者でお父さまが亡くなられたとき、
ご長男がすでにお亡くなりで、ご長男の子(お父さまからすると孫)が相続人になる場合です。

 

※2 数次相続とは、

不動産の名義人(被相続人)がなくなった後、相続人のどなたかが亡くなられた場合です。たとえば、お父さまが亡くなれ、相続登記をしない間にご長男が亡くなられ、
ご長男の妻と子どもがご長男の相続人になっている場合です。

2 実費について

必要になる実費の目安を表にしました。

項目 支払先 補足 合計額の目安
戸籍謄本など取得費 市区町村役場 1通750円 5,000円~10,000円
定額小為替手数料 ゆうちょ銀行 1通100円 300円~1,000円
不動産の登記情報 法務局 取得するものにより約350円~600円 1,500円~10,000円
郵便料金費用 日本郵便

郵便を利用するごと、下の実費をいただいています。超過しても当事務所が負担します。

定型封筒 82円

定形外封筒 120円

レターパック 510円

レターバックライト 360円

書留 680円

約5,000円
実費の合計 約11,800~26,000円

3 登録免許税について

固定資産税評価額の0.4%がかかります。
たとえば、1000万円の評価の土地でしたら、登録免許税額は40,000円になります。

費用のお支払い方法と時期について

お支払いの方法

1.クレジットカード(手数料を当事務所が負担します)

2.銀行振り込み

3.代金引換(1,000円の手数料が別途かかります)

 

※実費・登録免許税・相続登記のオプションに関する司法書士手数料のお支払は、
銀行振り込みのみをご利用いただけます。
お申込みの時のお支払いにクレジットカード、
および代金引き換えをご利用いただけます。

お支払いの時期

1.お申込みの直後

お選びいただいたパックの司法書士の手数料をお支払いいただきます。
お申込みをいただいたのち、
お選びの支払い方法の詳しいご案内をしています。
(クレジットカードの利用の仕方、振込先、代金引換の方法など)

 

2.戸籍の取得、および不動産の調査の後

実費と登録免許税分の額をお支払いいただきます。
オプションのご利用のある場合、このタイミングでお支払いをいただいています。

 

※戸籍の取得、不動産の調査後のお支払
(実費、登録免許税、オプションのご利用のある方は追加の司法書士手数料)には、
クレジットカード、代金引き換えをご利用できず、
銀行振込をご利用いただけます。 

毎月20名の方だけがご利用いただけます

『「不動産の相続登記」まるごと代行パック』をていねいに進められるのが、
毎月20件前後なのには、わけがあります。

 

戸籍、とりわけ明治~昭和30年以前にできた戸籍を解読するのには
とても時間がかかります。
まちがいが許されない、正確にしなければならない作業です。

 

当事務所の本サービスを担当するスタッフは現在4名です。
1人がていねいに登記の手続のお手伝いをできる件数は毎月約5件です。
事務所としては約20件(5件×4名)です。

 

毎月20件を超えるご依頼をいただくと、スタッフの手が一杯になることがあります。
結果として、お申込みをいただいても、
相続登記の準備にとりかかるまで少しお待ちいただくこともあります。

 

相続した不動産の名義変更のための登記を、
「できるだけ少ない費用で専門家に任せたい」
「Eメールと郵便で当事務所とやり取りできる」
という方は、いますぐにでも、
『「不動産の相続登記」まるごと代行パック』について、
お問合わせいただき、今月の状況を
ご確認くださると助かります。

お気軽にお問い合わせください

0120-373-000

0120-373-000

お申し込みはこちら

 

お気軽にお電話にてお問い合わせをどうぞ

「なぜ、これだけの低価格でこれだけ特典のつくサービスを実現できるのか?」
「Eメールでやりとりできる人限定のサービスだから、司法書士の人件費を
抑えられるのはわかった。けれど、本当にそれだけの理由なのだろうか?」
こう、お感じの方もいらっしゃるかもしれません。

 

たしかに、少ない手数料よりも多い手数料をいただける方がありがたいです。
とはいえ、全国の多くの相続人の方に、
当事務所のこのパックをご利用いただくことで、
別の機会にお声がけいただくこともあると考えています。
これはとてもうれしいことです。

 

こんな思いで、今の手数料と特典でこのパックのご案内を続けています。

 

「司法書士が自分で自分たちについて言っている事だから・・・」
と思われるかもしれません。
それでも、司法書士法人アミーズ横浜事務所の思いをお伝えしないよりも、
お伝えした方がいいと思い、書かせていただきました。

page

相続登記のあれこれ

私たちの紹介

日経新聞

▲日経新聞で紹介されました

日経マネー

▲日経マネーの記事の監修をしました

お気軽にお問い合わせどうぞ

24時間土・日・祝日も受付中

申込みはこちらから