認知症

遺産分割協議に参加できない人がいるときは

相続人の中に認知症の方がいた場合、遺産分割協議をすすめるためには成年後見人(保佐人、補助人)を 選任する必要があります。このような場合は、司法書士に相談してみましょう。

高齢化が進む中で最近よく問題となるのは、相続人の中に認知症になって
しまった方など、遺産分割協議を自らの意思で行うことのできない方が
いる場合があります。
“遺産分割協議に参加できない人がいるときは” の詳細は »