胎児

遺言でも侵害できない相続人の権利があります

遺言者は自分の財産を遺言によって自由に分け方を決めることができます。 しかし、一定割合の財産については、遺留分として法律で保護されています。

遺言者が特定の誰かひとりにすべての財産を相続させるという遺言書を残した場合、
他の相続人は遺産を貰うことができないということになります。
“遺言でも侵害できない相続人の権利があります” の詳細は »