相続人が一人でも欠けた遺産分割協議は無効です

相続人にもれがないように、被相続人の出生から死亡まですべての戸籍を取得して、 見落としがないように相続人調査をしましょう。

遺産分割協議を行うには、必ず相続人全員で協議をする必要があります。
家庭裁判所に相続放棄の申述をした相続人は除外されますが、相続人の
一部だけで遺産分割協議をしても無効になっていしまうので、注意が必要です。
“相続人が一人でも欠けた遺産分割協議は無効です” の詳細は »

相続登記をしないデメリットはどんなことがあるのでしょう

法務局では、「法廷相続情報証明制度」が5月29日から始まりました。 これは相続登記の促進のための制度です。 所有者不明土地問題や空き家問題を解決していくための第1歩です。

相続人が自分ひとりであれば何の問題もありません。
しかし、人数が多いほど手続きは大変になってきます。
“相続登記をしないデメリットはどんなことがあるのでしょう” の詳細は »

相続した土地に安心して住む方法があります

小規模宅地等の評価減の特例を受けるためには、相続税の申告書に適用を受けることを記載し、計算の明細書などを添付しなければなりません。 したがって、相続税がゼロになる場合でも、申告書の提出が必要です。

相続した土地や店舗用の土地の評価があまりに高いと、相続税を支払うために
相続人が生活している不動産を手放さざるを得ないというケースがあります。
“相続した土地に安心して住む方法があります” の詳細は »

戸籍の歴史を紐解いてみましょうpart3

現行戸籍は一の夫婦とこれと氏を同じくする未婚の子、未婚の親と子、外国人と婚姻した者とその子 によって編製されています。旧法戸籍のように、複数の家族が一緒に記載されることはありません。

大正4年式戸籍から現行戸籍となる昭和23年式戸籍への改製は、
民法改正に基づくもので、「家」単位だった戸籍を「一の夫婦と
これと氏を同じくする未婚の子」を単位にする大事業でした。
“戸籍の歴史を紐解いてみましょうpart3” の詳細は »

戸籍の歴史を紐解いてみましょうpart2

明治の近代国家となってからその原型が整えられた戸籍制度ですが、法律の改正や命令によって、現在の形式にいたるまでさまざまな変容を重ねてきました。

明治31年に旧民法が制定され、新たに戸籍法が制定施行されたことにより
戸籍関戸に根本的な改革が行われました。
“戸籍の歴史を紐解いてみましょうpart2” の詳細は »

戸籍の歴史を紐解いてみましょう

旧法戸籍では、戸主を中心として、戸主の親、妻、子、孫、兄弟や兄弟の家族等、「家」に所属する 複数の家族が大勢記載されています。

明治維新後の民法制定で初めて、「戸籍」というものが作られました。
一番古い戸籍は、明治5年式戸籍の戸籍です。
“戸籍の歴史を紐解いてみましょう” の詳細は »

戸籍は誰が管掌して、どこで保管されているのでしょう

被相続人の配偶者や子供などは、「法律で定められた人」として戸籍の証明を請求することができます。 弁護士や税理士、司法書士や行政書士などの特定の士業でも業務上の遂行上必要がある場合には請求することができます。

現在の戸籍制度では、国が本籍地を所轄する各市区町村長に対し
戸籍事務を委託し、市区町村長が戸籍の事務を管掌しています。
“戸籍は誰が管掌して、どこで保管されているのでしょう” の詳細は »

戸籍の附票とは

戸籍の附票の写しは、本籍地と筆頭者の二つが分かれば請求することができるため、過去の住所の履歴を証明したり、 音信不通になり連絡先の分からない相続人がいる場合の住所地を調査したりするときに使用されます。

戸籍の附票とは、本籍地の市区町村が管理する住民票記載の
住所地の移転の履歴の記録で、いわば「住所の履歴書」です。
“戸籍の附票とは” の詳細は »

改製原戸籍とはどんな戸籍でしょうか

平成6年の電子化は、市町村ごとの事情を考慮し、実地時期は一律ではありません。 平成28年の現在でも、いまだ電子化されていない市町村もあります。

戸籍の記載方法や記載内容については、具体的なひな形とともに、
戸籍法と戸籍法施行規則に規定があります。しかし、このひな形や記載方法は
“改製原戸籍とはどんな戸籍でしょうか” の詳細は »

« 過去の記事
最新の記事 »