不動産を売却したいのに、権利証を無くしてしまった

現在不動産を取得すると、12桁からなる登記識別情報というものが法務局より
発行されます。これは平成16年から始まった新しい制度です。

登記識別情報は書面ではないため、12桁の符号さえ登記所へ提示することが
できれば本人証明が可能です。

その前は、登記済証という、いわゆる権利証がありました。
不動産登記法が100年ぶりに改正されましたので、
平成16年より前の不動産についてはこの権利証が
とても大切になってきます。
不動産売却を行う際には、権利証を提示して本人証明とすることができます。

先祖代々の土地などでは、権利証が無くなってしまっている
ことも多くあります。

権利証は、とても大切な書面である権利証ですが、絶対的な書面という
わけではありません。
不動産売却を行う際には、権利証のほかに印鑑証明書など別の情報も提示
しなければなりませんので、もし紛失しても権利証を第三者に悪用される可能性は
低いといえます。

また、権利証を紛失しても登記名義人でなくなるわけではありません。

では不動産売却をしたいが、権利証を無くしてしまったら、
どうしたらよいのでしょうか。

それには、「事前通知」という方法と、「資格者代理人による本人確認情報の提供の制度」
という方法があります。

«