被相続人名義で登記することがあるって本当?

本当です。
亡くなった人の名義で登記をするというのはとても不思議と感じますが、
建物の表題登記に関しては、そのようなことが起こりえます。

建物の表題登記は、建物を建てた人の名義でするのが原則というのが
まずは理由になります。表題登記をする前に建物を建てた人が亡くなり、
その建物を誰が相続するのかが決まらない場合、相続人が決まるまで、
被相続人の名義で登記するということが起こります。

表題登記は、権利に関する登記と違い、一定期間にかならずしなければ
なりませんので、相続人が決まらないからといって、登記をしないで
放っておくわけにはいきません。

そして、相続人が決まったなら、相続人の名義で所有権の移転登記を
することになります。

また、相続人が速やかに決まっているのなら、最初から相続人名義で
表題登記をすることもできます。

その場合、所有権を証する情報として、被相続人が最初に所有権を
取得した者であることと、相続を証する情報を提供しなければ
なりません。

«
»