遺言に遺言執行者の指定がないときは

遺言書に遺言執行者の指定(または指定の委託)がないときは、
遺言の執行としての不動産の登記手続き、銀行預金の名義変更など、
相続手続の一切は、

相続人全員で行うことになります。

第三者である遺言執行者に処理をまかせたほうが、相続争いを避ける
ことができる場合がありますが、相続人も遺言執行者になれますから、
遺言者が遺言の中であらかじめ指定しておくこともできます。

遺言執行者は遺言者である被相続人の代理人といえますが、
法律上死亡した人の代理人ではありません。
そのため、民法では、遺言執行者は相続人全員の代理人とみなすと
規定しています。

相続人全員の代理人ではあっても、遺言執行者は独自の立場で
遺言の執行を行うことになっています。

遺言で、遺言執行者に指定されたとしても、それを引き受ける義務は
ありません。指定されても、辞退することもできます

遺言者は、遺言執行者を引き受けてもらえるかどうか考えて、
指定する必要があります。

«
»