あまり知られていない、限定承認

自分が相続人となったとき、被相続人の財産がマイナス財産が多いか
プラスの財産が多いかわからない場合に、相続人は相続すべきか
放棄すべきかわからない場合があります。

そこで、相続人は、相続によって得た財産の限度内で被相続人の
債務を弁済するという限定承認という制度を利用することもできます。

限定承認は、「単純承認」「相続放棄」と比べると分かりやすいです。
なぜなら、限定承認はそれらの中間のやり方だからです。

限定承認で相続すると決めた場合、相続放棄と同じように、3ヶ月以内に
家庭裁判所にその旨を申告する必要があります。

また、相続放棄とは異なり、相続人全員が限定承認に合意する必要があります。
なぜなら、限定承認は相続財産のプラスの財産の限度で借金等をまかなうもの
ですが、プラスとマイナスは相続財産全体として計算されるものだからです。

相続財産全体で計算する以上、一部の人の相続分についてだけ限定承認を認める
ことは物理的に不可能です。
ここが一番面倒なことであり、相続人の中で、1人でも限定承認に反対の方がいれば、
他の相続人も限定承認とすることができなくなります。

相続人が1人、2人程度ならそこまで面倒ではありませんが、相続人がそれ以上いると
なると、考え方の食い違いも発生しやすく、限定承認にするのは大変です。

特に、決断するのに3ヶ月しかないということもあるので、迅速な話し合いが必要となります。

借金を背負いたくないということを優先するならば、相続放棄を選択することに
なります。

«
»