抵当権ってなんだろう

銀行等の金融機関をはじめ、他者から金銭の貸し借りをする場合、
その金額が多額にのぼるときは、不動産に抵当権を設定します。

債権者は、返済が滞ったときに備えて、最も手堅い不動産に
抵当権を設定します。

抵当権は、貸付金や売買代金などの債権を確実に回収できるように
するための権利で、担保権の代表的存在です。

一般的なものは、不動産を購入するときに、多くの人は、金融機関で
比較的長期のローンを組みます。その時に、売買の対象である土地や
建物に抵当権を設定するというものです。

購入した不動産について、売買を原因とする所有権移転登記とともに、
抵当権設定登記をします。

多くの場合、ローンを組む銀行に、売主と買主と司法書士が出向き、
すべてを同日に一気に行います。

そうすることにより、不動産の所有権を第三者に所有権と抵当権の
存在を主張することができ、銀行も、抵当権を売買と同時に設定することで、
債権を保護することができるのです。

«
»