相続不動産に賃貸収入があったら?

賃貸不動産の所有者が亡くなり、その相続人が複数人いる場合に、
相続発生日から遺産分割協議が成立するまでの賃料をどのように
配分するものなのでしょうか。

これまでの判例では、賃貸収入を生む不動産の遺産分割協議が
まとまれば、相続発生日にさかのぼってそれ以降の賃料はすべて
その財産を相続した人のものになるとされてきました。

ところが、平成17年9月8日の最高裁判所の判例では、
相続発生日以降、遺産分割までに生じた賃料収入は、
賃貸不動産とは別の財産なので、各相続人が法定相続割合に
応じて取得すべきとなったのです。

こうなると、実質その賃貸収入で生計を立てている相続人が
生活を脅かされかねません。
大急ぎで、賃貸不動産についてだけでも遺産分割協議を
すべきとなります。

もちろんこのようなことにならないためには、
遺言書さえ作成しておけばよいのです。

遺言書に賃貸不動産の相続人を誰にするのかさえ明記しておけば、
相続が発生した翌日から、その賃貸収入は遺言で相続を受ける
ことが決まっている相続人の財産とすることができます。

«
»