結婚して20年たつと税法上の特典があります

新婚の配偶者と長年連れ添った配偶者の相続分は同じでしょうか。
現行民法では婚姻期間に関係なく相続分は同じです。

現在の民法では配偶者の他に誰が相続人かによって、
配偶者の相続分が異なる制度になっています。

新婚の配偶者と長年連れ添った配偶者が同じなんて
ちょっと不公平な気もしますよね。

ただ、相続分の他に長年連れ添った年数を考慮する制度も
税法上あります。

それは、贈与税の配偶者控除という制度です。

贈与税の配偶者控除とは、婚姻関係が20年以上になった夫婦の間で、
配偶者に住宅など居住用財産の現物か、
あるいは居住用財産を手に入れるための資金を贈与した場合に、
贈与税の計算上110万円の基礎控除のほかに、
2000万円まで控除するというものです。

この配偶者控除は同じ配偶者からは一生に一回しかつかえません。
2,000万円の非課税枠を翌年以降に繰り越すこともできません。
つまり、今年は1000万円だけ非課税にして、
来年は残った1000万円を非課税にすることはできません。

«
»