遺産分割協議に参加できない人がいるときは

高齢化が進む中で最近よく問題となるのは、相続人の中に認知症になって
しまった方など、遺産分割協議を自らの意思で行うことのできない方が
いる場合があります。

遺産分割協議は、相続人全員で行う必要があるので、当然認知症になった
からといって協議に参加しなくてもいいわけではありません。

しかし、認知症の場合、本人は正しい判断をすることができない状態に
あります。そのような判断能力が不十分な方が遺産分割協議などの
大事な場面で不利益を受けないように、家庭裁判所に成年後見人(または、
保佐人、補助人)を選任してもらい、本人の代わりに、遺産分割協議に
参加してもらうことになります。

成年後見人となった者が相続人の一人として後見監督人が選任されない場合は、
自らの相続人としての立場と成年後見人としての立場で、利益が相反する
関係になってしまいますので、このような場合は、さらに、特別代理人の
選任を裁判所に申し立てます。

また、相続人の中に未成年者がいる場合、その未成年者も当然に遺産分割協議
の当事者になります。この場合も、未成年者の代わりに遺産分割協議に参加
する特別代理人を選任しなければならないことがあります。

«
»