身寄りのない人の相続はどうなるのか

法律上相続する権利のある人のことを相続人といいます。
その相続人が誰なのかは、法律で明確に定められています。

配偶者は常に相続人となります。
第1順位が子。第2順位が父母。第3順位が兄弟姉妹です。

しかし、この法定相続人に当てはまる人が誰もいなかった場合、
相続財産は誰のものになるのでしょうか。

法定相続人がまったくいない場合は、裁判所によって、相続財産を管理する
「相続財産管理人」が選任されます。相続財産管理人が相続人の調査を
行い、相続人が不存在だということが確定すれば、「特別縁故者による
財産分与の請求が可能」になります。

特別縁故者による財産分与請求とは、相続人ではなくても、特別に
被相続人と縁故があった者については、相続財産の全部または一部を
取得することができる制度です。

特別縁故者には、「内縁の妻」「同居して療養看護などの世話をしていた親族」
「被相続人と密接な交流があった人」などが該当します。

特別縁故者もいない場合は、最終的には国庫に帰属することになります。

«
»