相続人が一人でも欠けた遺産分割協議は無効です

遺産分割協議を行うには、必ず相続人全員で協議をする必要があります。
家庭裁判所に相続放棄の申述をした相続人は除外されますが、相続人の
一部だけで遺産分割協議をしても無効になっていしまうので、注意が必要です。

故意的に一部の人を除外して遺産分割協議をするのはもちろん無効ですが、
ほかに相続人がいることを知らないで遺産分割協議をしてしまった場合も、
相続人全員で協議がされていないので無効になります。

親子間で相続人調査にもれがあることはめったにありませんが、被相続人の
兄弟姉妹が相続人になったり、そこに数次相続が発生していたりすると、
名前も顔も知らない人が相続人であるケースもあるのです。

兄弟姉妹に前妻、後妻の子がいたり、養子縁組をしていたりなんてことがあると、
存在は知っていても会ったことも話したこともないような相続人がでてきます。
さらには、存在すら知らなくて、相続人はじぶんたちだけだと思っていたのに、
ということがあるかもしれません。

«
»