アーカイブ: 2016年3月

相続は時代と共に変化してきました

旧民法による「家」とは、「戸主」と「家族」から構成されます。戸主は家の統率者であり、家族は家を構成する者のうち戸主でない者をいいます。

旧民法と呼ばれる、明治時代の民法には「家制度」というものがありました。
親族関係を有する者のうち更に狭い範囲の者を「戸主」と家族として一つの家に属させ、
戸主に家の統率権限を与えていた制度です。
“相続は時代と共に変化してきました” の詳細は »

戸籍と附票と住民票の違いとは

戸籍の附票と住民票はどちらも住所を証明する書類ですがいくつかの異なる点があります。

登記簿には、所有者の情報として住所と氏名が記載されています。この記載されている所有者と
被相続人が同一人物であるという証明のために必要な書類が戸籍の附票、または住民票です。

“戸籍と附票と住民票の違いとは” の詳細は »

不動産の登記簿とはどのようなものなのでしょうか

相続した不動産は、登記をすることにより法務局によって管理をされ、不動産の安全が守られています。

不動産の情報が記載されている登記簿ですが、実際にはどのようなことが
わかるものなのでしょうか。
“不動産の登記簿とはどのようなものなのでしょうか” の詳細は »

戸籍解読に戦う日々なのです

時代劇で、巻紙に筆でサラサラと書いているシーンを見るたび、大丈夫なの?読める字なの?などと余計なとこに 注目して本編がおろそかになってしまうのです。

平成6年の改製により電子化がすすんでいる現在の戸籍は、とても見やすく
分かりやすい戸籍となっています。
“戸籍解読に戦う日々なのです” の詳細は »

遺産分割協議書を作成で気をつけること

遺産分割協議書の作成に法律上の決まりはありませんが、いくつかのポイントを押さえないと登記申請が受け付けられません。

相続人同士で遺産分割の話し合いがまとまり、誰がどの遺産を相続するのかが
決まったら遺産分割協議書を作成します。
“遺産分割協議書を作成で気をつけること” の詳細は »