被相続人名義で登記することがあるって本当?

建物を新築した場合には、所有者は新築後1カ月以内に建物の表題登記を しなければならないと法律で決められています。

本当です。
亡くなった人の名義で登記をするというのはとても不思議と感じますが、
建物の表題登記に関しては、そのようなことが起こりえます。
“被相続人名義で登記することがあるって本当?” の詳細は »

遺言に遺言執行者の指定がないときは

遺言執行者は、遺言によって指定しておくことができます。 生前に、遺言以外の方法で指定することはできません。

遺言書に遺言執行者の指定(または指定の委託)がないときは、
遺言の執行としての不動産の登記手続き、銀行預金の名義変更など、
相続手続の一切は、
“遺言に遺言執行者の指定がないときは” の詳細は »

あまり知られていない、限定承認

被相続人のプラスの財産も借金も全て相続する(単純承認) 被相続人のプラスの財産も借金も一切相続しない(相続放棄) 被相続人のプラスの財産の範囲で借金を引き受ける(限定承認)

自分が相続人となったとき、被相続人の財産がマイナス財産が多いか
プラスの財産が多いかわからない場合に、相続人は相続すべきか
放棄すべきかわからない場合があります。
“あまり知られていない、限定承認” の詳細は »

抵当権ってなんだろう

抵当権は、特定の債権を担保するものなので、担保されている債権が弁済されると その役割を終えて、消滅します。

銀行等の金融機関をはじめ、他者から金銭の貸し借りをする場合、
その金額が多額にのぼるときは、不動産に抵当権を設定します。
“抵当権ってなんだろう” の詳細は »

登記は権利を守ってくれます

建物は、未登記であっても固定資産税は登記に関係なく課税されます。 ならば、登記して権利を守りましょう。

建物を新築した場合、所有者は新築後1カ月以内に建物の
表題登記をしなければなりません。また、表題登記をしていない
“登記は権利を守ってくれます” の詳細は »

相続不動産に賃貸収入があったら?

所得税法では、遺産分割が終了するまでの間の賃貸収入は、法定相続分であるものとされています。

賃貸不動産の所有者が亡くなり、その相続人が複数人いる場合に、
相続発生日から遺産分割協議が成立するまでの賃料をどのように
配分するものなのでしょうか。
“相続不動産に賃貸収入があったら?” の詳細は »

結婚して20年たつと税法上の特典があります

贈与税の配偶者控除の特例の対象になるのは? 夫婦の婚姻期間が20年を過ぎた後に贈与が行われたこと 配偶者から贈与された財産は、配偶者が住むための国内の土地や建物、 もしくはそれを取得するための金銭であること 贈与を受けた年の翌年3月15日までに(金銭の贈与の場合は翌年3月15日までに居住用不動産を取得して) 贈与を受けた者が現実に住んでおり、その後も引き続き住む見込みであること

新婚の配偶者と長年連れ添った配偶者の相続分は同じでしょうか。
現行民法では婚姻期間に関係なく相続分は同じです。
“結婚して20年たつと税法上の特典があります” の詳細は »

相続人ではない人も財産を受け取れるのでしょうか

相続人ではなくても、受遺者であれば相続財産を受け取ることができます。 遺言書に財産を残したい相手を明記し、遺贈すると書きます。

もし、自分の推定相続人以外の人や会社に財産を遺したいと思ったら、
遺言書にその旨を自由に書くことができます。
“相続人ではない人も財産を受け取れるのでしょうか” の詳細は »

自分の家に家屋番号がなければ未登記の可能性が!

表題登記をしたら、所有権の保存登記をすることで、第三者に対して 不動産の所有権を主張することができます。

住宅を新築した場合、その建物を登記するように義務付けられています。
土地は購入した時点で、かならず登記がされていますが、新築の建物は
当然のことながら、建築主が登記をしなければなりません。

“自分の家に家屋番号がなければ未登記の可能性が!” の詳細は »

« 過去の記事