結婚して20年たつと税法上の特典があります

贈与税の配偶者控除の特例の対象になるのは? 夫婦の婚姻期間が20年を過ぎた後に贈与が行われたこと 配偶者から贈与された財産は、配偶者が住むための国内の土地や建物、 もしくはそれを取得するための金銭であること 贈与を受けた年の翌年3月15日までに(金銭の贈与の場合は翌年3月15日までに居住用不動産を取得して) 贈与を受けた者が現実に住んでおり、その後も引き続き住む見込みであること

新婚の配偶者と長年連れ添った配偶者の相続分は同じでしょうか。
現行民法では婚姻期間に関係なく相続分は同じです。
“結婚して20年たつと税法上の特典があります” の詳細は »

相続人ではない人も財産を受け取れるのでしょうか

相続人ではなくても、受遺者であれば相続財産を受け取ることができます。 遺言書に財産を残したい相手を明記し、遺贈すると書きます。

もし、自分の推定相続人以外の人や会社に財産を遺したいと思ったら、
遺言書にその旨を自由に書くことができます。
“相続人ではない人も財産を受け取れるのでしょうか” の詳細は »

自分の家に家屋番号がなければ未登記の可能性が!

表題登記をしたら、所有権の保存登記をすることで、第三者に対して 不動産の所有権を主張することができます。

住宅を新築した場合、その建物を登記するように義務付けられています。
土地は購入した時点で、かならず登記がされていますが、新築の建物は
当然のことながら、建築主が登記をしなければなりません。

“自分の家に家屋番号がなければ未登記の可能性が!” の詳細は »

遺言でも侵害できない相続人の権利があります

遺言者は自分の財産を遺言によって自由に分け方を決めることができます。 しかし、一定割合の財産については、遺留分として法律で保護されています。

遺言者が特定の誰かひとりにすべての財産を相続させるという遺言書を残した場合、
他の相続人は遺産を貰うことができないということになります。
“遺言でも侵害できない相続人の権利があります” の詳細は »

遺産分割協議に参加できない人がいるときは

相続人の中に認知症の方がいた場合、遺産分割協議をすすめるためには成年後見人(保佐人、補助人)を 選任する必要があります。このような場合は、司法書士に相談してみましょう。

高齢化が進む中で最近よく問題となるのは、相続人の中に認知症になって
しまった方など、遺産分割協議を自らの意思で行うことのできない方が
いる場合があります。
“遺産分割協議に参加できない人がいるときは” の詳細は »

身寄りのない人の相続はどうなるのか

特別縁故者として認められるには、単に、「遠い親戚である」、「近所づきあいのある友人知人」といった理由だけでは、 認められたい場合が多いようです。

法律上相続する権利のある人のことを相続人といいます。
その相続人が誰なのかは、法律で明確に定められています。
“身寄りのない人の相続はどうなるのか” の詳細は »

相続人が一人でも欠けた遺産分割協議は無効です

相続人にもれがないように、被相続人の出生から死亡まですべての戸籍を取得して、 見落としがないように相続人調査をしましょう。

遺産分割協議を行うには、必ず相続人全員で協議をする必要があります。
家庭裁判所に相続放棄の申述をした相続人は除外されますが、相続人の
一部だけで遺産分割協議をしても無効になっていしまうので、注意が必要です。
“相続人が一人でも欠けた遺産分割協議は無効です” の詳細は »

相続登記をしないデメリットはどんなことがあるのでしょう

法務局では、「法廷相続情報証明制度」が5月29日から始まりました。 これは相続登記の促進のための制度です。 所有者不明土地問題や空き家問題を解決していくための第1歩です。

相続人が自分ひとりであれば何の問題もありません。
しかし、人数が多いほど手続きは大変になってきます。
“相続登記をしないデメリットはどんなことがあるのでしょう” の詳細は »

相続した土地に安心して住む方法があります

小規模宅地等の評価減の特例を受けるためには、相続税の申告書に適用を受けることを記載し、計算の明細書などを添付しなければなりません。 したがって、相続税がゼロになる場合でも、申告書の提出が必要です。

相続した土地や店舗用の土地の評価があまりに高いと、相続税を支払うために
相続人が生活している不動産を手放さざるを得ないというケースがあります。
“相続した土地に安心して住む方法があります” の詳細は »

« 過去の記事