相続登記と不動産の名義変更なら司法書士へ

土日祝日24時間、相続登記のご依頼をいただけます

お気軽にお電話どうぞ通話無料のフリーダイヤル土日祝24時間

0120-373-000

申込みはこちらから

不動産の相続登記まるごと代行パック

お気軽にお電話どうぞ通話無料のフリーダイヤル土日祝24時間

0120-373-000

申込みはこちらから

相続した不動産の名義変更の登記をお考えの方へ

全国“不動産の相続登記”まるごと代行パック

  • クレジットカード利用可能
  • 24時間の連絡可能
  • 土日祝日も営業中
  • 法定相続分の計算シート付き
  • 遺言ノート(またはエンディングノート)付き
  • 相続人の関係図
  • 家系図セット

相続した不動産の名義変更の登記をお考えの方へ

代表司法書士  佐藤 健太郎

  • Eメールと郵送だけで手続き可能
  • 安心の料金体系49,980円が標準パックの手数料
  • 戶籍の取り寄せと遺産分割協議書の作成がセット
  • 登記のほかに100種類以上ある相続手続きについても相談可能
  • クレジットカード利用可能
  • 24時間の連絡可能
  • 土日祝日も営業中
  • 法定相続分の計算シート付き
  • 遺言ノート(またはエンディングノート)付き
  • 相続人の関係図
  • 家系図セット

相続した不動産の登記のことでこんなことをお感じでしょうか?

不動産の名義変更は、何から手をつけていいのかわからない

自分で相続登記するのはどうやらむずかしそうだ。

戶籍の取り寄せや法務局とやりとりする時間がない

相続した不動産の登記のことでこんなことをお感じでしょうか?

かといって専門家に頼むにも、
登記の専門家である、司法書士に頼むといくらかかるのだろう?高いのでは?
どこの司法書士に頼んだらいいのだろうか?
などと、情報を集めたり考えたりするたびに、頭の中がぐるぐるしてしまうのもむりありません。
「相続登記などはじめてのこと」という方がほとんどなのですから。

はじめまして、
司法書士法人アミーズ横浜事務所 代表 佐藤健太郎です

代表 佐藤健太郎代表行政書士 佐藤健太郎

当ウェブサイトをご覧いただき、ありがとうございます。
まだ、私が司法書士になる前のことです。平成17年に母親を亡くし、
長男として喪主として相続のことをほとんど一人で行いました。

 

「何をしていいのか?これであっているのか?
だれかに少しでも相談できないか?」
こういった、当時の本当に困った経験から
「相続人のサポートをする司法書士になろう」
そう心に決めました。

実は、多くの方が、高すぎる司法書士の手数料を払っています

平成18年から現在まで、
司法書士として1万件を超える、
相続登記などのご相談やご依頼をいただいてきました。
この中で分かったことがあります。

 

それは、司法書士の手数料は高い」ということです。
現在、司法書士の手数料は自由化されています。
とはいえ、
現在でも平成10年まであった「報酬規定」を基準に、
相続登記の手数料を決めている司法書士がいます。
このようにして司法書士が決めた手数料は高いと言えます。
この報酬規定が想定している司法書士の業務スタイルは、
司法書士が書類を手で書き、法務局まで書類を運ぶといった昔のスタイルです。

 

現在は昔とちがって、パソコンで相続登記の書類を作成して、
インターネットで登記申請できる時代です。
司法書士の相続登記の業務に要する作業時間は格段に短くてすむのですから、
司法書士の手数料は昔の報酬規定より安くなければおかしいはずです。

全国「不動産の相続登記」まるごと代行パックをはじめた理由

全国の、Eメールで相続登記について当事務所とやり取りをできる相続人の方に、
「もっと低い手数料で相続登記サービスを提供したい」からです。

 

いろんな業界を見てみると、自動車保険のインターネット申込み割引、
新幹線や特急の運賃がインターネットで割安になる、など、
インターネット利用者限定でサービスの手数料の安くなる例はたくさんあります。

 

代表 佐藤健太郎

わたしたちは、司法書士事務所も同じことをできると考えています。
実際にお会いして打合せをする相続登記のお客さまに比べますと、
Eメールでやり取りをできる相続登記のお客さまに提供する司法書士事務所の時間は、
かなり短くなります。

 

つまり、司法書士報酬の多くを占める人件費を抑えられます。
そこで、このWEBサイトからお申込みをくださり、
Eメールでやり取り できる方だけに、このパックを提供することにしました。

このパックに含まれる10のサービス(※標準パックの場合)

※標準パックのほかに、節約パック、安心パックがあります。

 

サービス1

相続登記のプロである司法書士に任せられます

行政書士・税理士・司法書士・弁護士など、相続をあつかう専門家は多くあります。
とはいえ、これら国家資格者の中で、
「不動産登記の申請の代行が法律で認められている」
「資格試験の必須科目に不動産登記法がある」
この2つを満たすのは司法書士だけです。

 

当パックを提供する当事務所は、司法書士法人ですので、
相続した不動産の名義変更の登記を安心しておまかせいただけます。

サービス2

故人さまの戸籍謄本など、相続登記に必要な書類を取り寄せします

相続登記して不動産の名義を変更するためには、
被相続人さまのお生まれになったときの戸籍から、
お亡くなりになったときの戸籍すべてが必要です。

 

これらの戸籍謄本は、本籍地の市区町村役場でないと発行できません。
相続人さまのご負担が少なくて済むよう、戸籍謄本の取寄せをおまかせいただけます。
戸籍謄本をご自身ですべてそろえられた方は、
手数料の安い不動産の名義変更のための相続登記「節約パック」をご利用できます。

 

戸籍すべて

▲ある方の、生まれてから~お亡くなりの時までの戸籍すべて

サービス3

相続人の確定をします

取寄せた戸籍謄本を正確に読み解き、相続人を確定します。
不動産を相続人の内のだれが受け継ぐのか決める話合いを、遺産分割協議といいます。
この話合いは、相続人全員で行ってはじめて有効です。
不動産の相続登記の申請の際に、「相続人はだれか?」ということを、
戸籍謄本で法務局に証明する必要があります。

サービス4

登記漏れのないように、不動産の現状をきちんと調べます

登記情報、権利証、公図などを調べて、
相続登記の対象になる不動産をしっかりと把握します。
登記する対象の不動産をもらしてしまうと、
亡くなった方名義の不動産がずっと残ってしまいます。

 

何年、何十年とたって、
「家を建替える」「私道を市道にする」「行政の補助で道路を工事する」などの時、
不動産の名義が故人さまのまま残っていると大変です。
時には何十人になることもある、
不動産の権利者の全員による手続が必要だからです。

 

時がたつと、故人さまを相続した人もいずれお亡くなりになり、
相続人の相続人が不動産の権利者になります。
これが繰り返されると、当事者はどんどん増えていきます。

 

▲相続登記の依頼を受けた土地の登記情報

▲私道に持分のあることを発見した公図

サービス5

登録免許税の計算します

不動産の名義変更のための相続登記には、登録免許税という税金がかかります。
この税金は、相続登記する不動産の固定資産税の評価額の0.4%です。
評価額の調査と登録免許税の正確な計算を行います。

サービス6

遺産分割協議書を作成します

遺産分割協議書を作成します

▲当事務所の作成する遺産分割協議書

相続人全員で話し合って決めた
「だれが不動産を相続するか」を書類にしたものです。

サービス7

登記申請を代行します

相続登記の申請を法務局に対して行います。
法務局からの問合せに対する回答なども、当事務所が行います。

サービス8

登録免許税の支払いの代行

お客さまに代わり、登録免許税の納付を行います。
相続登記の申請を行う前に、
税金相当額を司法書士の手数料と一緒にお振込みいただいています。

サービス9

戸籍の原本が還付される手続きをします

法務局は相続登記の申請に添付した戸籍の原本を回収してしまいますが、
決められた書類を作って提出すれば、戸籍の原本を返してくれます。
この手続を当事務所はとっています。

サービス10

書類を1冊のファイルにとじてお届けします

相続登記で不動産の名義を変更する際に取寄せたり発行された書類を、
一冊のファイルにしてお受取りいただいています。

ファイルのとじる書類の一部(戸籍・権利証・遺産分割協議書など

▲ファイルのとじる書類の一部(戸籍・権利証・遺産分割協議書など

相続人

当事務所の5つの特長

特徴1

多くの相続人さまがこのサービスを利用できるように、
全国のどこからでもお任せいただけます

当事務所は、
相続した不動産の名義変更のための登記の申請を、
インターネットで行うシステムを整えています。
日本全国のどこにある不動産でも相続登記の手続きをすることができます。

 

特徴2

気になったときにいつでもお申込みできるよう、
24時間、土日祝日もEメールでお申込みを受付中です

不動産の相続登記の申込みは、お申込みボタンを押すと開く画面から行えます。
お申込み前に気になることがありましたら、
お気軽に通話料のかからないフリーダイヤルでお問合せいただけます。

 

特徴3

お客さまが自分の都合のいい時間に相続登記のことを考えられるように、お申込み後のやり取りはEメールだけです

当事務所に足を運ぶことなく、相続登記して不動産の名義変更を完了できます。

 

特徴4

手数料のお支払いに便利なように、
クレジットカードをご利用いただけます

手数料は当事務所が負担しますので、無料です。

 

特徴5

サービス完了まで責任もってできるように、司法書士法人にしています

個人事務所に相続登記を依頼する場合

もしも、契約した司法書士が病気、事故、
死亡などによって相続登記をすすめられなくなると、
お客さまは別の司法書士にまた依頼しなくてはなりません。
手続きの完了は遅くなりますし、手間もかかってしまいます。

 

司法書士法人に相続登記を依頼すると

司法書士法人には、法律の決まりによって必ず複数の司法書士がいます。
もしも、お客さまを担当する司法書士に何かあったとしても、
司法書士法人に所属する別の司法書士が責任をもって相続登記を進めます。

 

また、お客さまが契約するのは司法書士個人ではなく、
司法書士法人ですので契約をしなおす必要もありません。

 

司法書士会員書

▲当事務所代表の司法書士会員証の表面と裏面

このパックのご利用はかんたんです

1.お申し込みボタンを押すと開く画面から今すぐお申し込みいただけます

(お申込みの前に気になることがあれば、フリーダイヤルでお問合せいただけます)

 

2.お申込みのときに必要なものは何もありません

 

3.お申込みの後にご用いただくものは、次の3点です

  1. 相続した不動産の権利証(登記済証、または登記識別情報)
  2. 相続人全員の「印鑑証明書」「相続人全員の戸籍謄本」
  3. 相続人全員の身分証(運転免許証・住民基本台帳カード、保険証、年金手帳など)

これらを、お申込み後に当事務所から届く申込書と一緒に、当事務所に返信するだけです。

手数料がとても明確です

不動産の相続登記に必要な費用は、以下の3つです

1.司法書士の手数料

2.実費

3.登録免許税

必要になる費用

司法書士の手数料について

お客さまがわかりやすいよう、
不動産の評価額に関わらずパックごと手数料を一律にしています。

 

基本手数料(税抜)

  • 49,980円

    (税抜・定額制)

  • 89,980円

    (税抜・定額制)

  • 34,980円

    (税抜・定額制)

プランごとの、基本手数料に含まれるサービスの比較表です。

プラン名標準パック安心パック節約パック
相続人の数 4名まで 8名まで 4名まで
不動産の筆数 2つまで 4つまで 2つまで
不動産の固定資産税の評価額 2,000万円まで 4,000万円まで 2,000万円まで
取得できる戶籍類 5通まで 10通まで 0通(ご自身で取寄せ)

くわしい比較は、「費用について」のページでご覧いただけます。

オプション(税抜)

 

項目手数料
プラン上限の通数を超えて 戸籍謄本の取り寄せが必要になった場合 1通追加ごとに 1,980円
相続人の人数がプランの上限を超える場合 超過1名ごとに 4,980円
代襲相続人がいらっしゃる場合 ※1 19,980円
数次相続が発生している場合※2 24,980円
不動産の評価額がプランの上限を超える場合 1000万円超過ごとに、9,980円
不動産の数が2つを超える場合 3つ目から1つごとに 4,980円
不動産を相続する人が2名以上の場合 1名増えるごとに 19,980円
抵当権の抹消をご希望の場合 1件ごと 9,980円

 

※1 代襲相続とは、
不動産の名義人(被相続人)よりも先に、
ご健在であれば相続人になる方が亡くなっていて、その方の子どもが相続人になる場合です。
たとえば、不動産の所有者でお父さまが亡くなられたとき、
ご長男がすでにお亡くなりで、ご長男の子(お父さまからすると孫)が相続人になる場合です。

 

※2 数次相続とは、
不動産の名義人(被相続人)がなくなった後、相続人のどなたかが亡くなられた場合です。
たとえば、お父さまが亡くなれ、相続登記をしない間にご長男が亡くなられ、
ご長男の妻と子どもがご長男の相続人になっている場合です。

必要になる費用2

実費について

実費の合計目安は約1万円~2万5千円です。

 

実費とは、市区町村役場や郵便局などに支払う下のような費用のことです。
「戸籍謄本など取得費」「定額小為替の手数料」「不動産の登記情報の取得費」
「郵便料金費用」「固定資産税の評価証明書の取得費」など。

必要になる費用3

登録免許税について

固定資産税評価額の0.4%がかかります。
たとえば、1,000万円の評価の土地でしたら、登録免許税は4万円です。

特典1

戸籍の履歴書の作成

被相続人さまが入った戸籍謄本を生まれてからお亡くなりになるまで順番に並べます。
それぞれの戸籍謄本に、被相続人さまが在籍した期間を記入します。

特典2

権利証(登記識別情報)を専用の表紙に製本します(1,000円相当)

相続登記をしますと、法務局から「登記識別情報」が発行されます。
これは、いわゆる「権利証」のことで、とても大事なものです。
不動産を売却する、住宅ローンを借りるといったとき、
この書類に書かれている情報(16桁の記号と数字)が必要になります。
大事な書類ですが、紙一枚の状態で法務局から発行されます。
当事務所はこの大事な「登記識別情報」を専用の表紙で製本してお客様にお渡ししています。

登記識別情報

▲登記識別情報

登記識別情報のための表紙で製本

▲登記識別情報のための表紙で製本

特典2

遺産分割協議書を専用の用紙で製本

相続人が全員で話し合って
「だれが不動産を相続するか」
を決めたことを文章にしたものが遺産分割協議書です。
この、遺産分割協議書の本文を印刷した紙に、専用の表紙をお付けして納品いたします。

遺産分割協議書の本文

▲遺産分割協議書の本文

専用の表紙でとじた遺産分割協議書

▲専用の表紙でとじた遺産分割協議書

特典4

相続関係説明図を作ります(5,000円相当)

相続関係説明図の見本

▲相続関係説明図の見本

ご依頼いただいた相続の登記の関係者の方を家系図のような図にしたものをお作りし、
お客さまに納品いたします。
実は、正しく作られた相続関係説明図の写しを法務局に提出しますと、
法務局は不動産の相続登記を行ったのち、
戸籍謄本の原本を返してくれます。

特典5

法定相続分計算シート(5,000円相当)

 

想定相続分計算シート

▲法定相続分計算シート

 

このシートは、下のことなどを一覧表にしています。

 

相続人の、
「お名前」「被相続人からみた続柄(長男、妻、孫など)」「法定相続分」
各相続人の法定相続分に相当する遺産額の計算に便利です。

特典6

遺言をかかれる際、29,980円で作成します
(通常:3万9,980円以上)

公正証書遺言の作成サポートを29,800円でご利用いただけます。
この特典を利用いただけるのは、
不動産の名義変更の相続登記をお申込の日から1年以内に限ります。

特典7

遺言の無料相談(5,000円相当)

ご希望の方は、
当事務所の相談室にて遺言の無料相談(30分)をご利用いただけます。
この特典を利用いただけるのは、
不動産の名義変更の相続登記をお申込の日から1年以内に限ります。

特典8

エンディングノート、または遺言ノート(500円相当)

ご希望の方は、エンディングノート、または遺言ノートをお受取りいただけます。

エンディングノート

▲エンディングノート

遺言ノート

▲遺言ノート

特典9

家系図(15,000円相当)(安心プランのみ)

相続の登記のために取得した戸籍謄本をもとに、
家系図をお作りいたします。

特典10

相続を専門にする税理士による税金の相談が無料

ご希望の方は、当事務所の提携する税理士の相談室(横浜または川崎)にて、
税金に関する無料相談(30分)をご利用いただけます。
相続税、贈与税、相続した不動産を売却するときの税金、
これらにともなう確定申告などについて相談できます。

手数料の返金についての保証

相続登記の申請前であれば、理由によらずいつでもお申込をキャンセルできます。
その後すみやかに、
お預かりした司法書士の相続登記の手数料につき全額を返金いたします。

お気軽にお問い合わせをどうぞ

『「不動産の相続登記」まるごと代行パック』をご利用いただけるのを、
毎月20名に限定しているのには理由があります。

戸籍、とりわけ明治~昭和30年以前にできた戸籍を解読するのにはとても時間がかかります。
まちがいが許されない、正確にしなければならない作業です。

 

多くの依頼をいただけるのはうれしいのですが、サービスの質の確保のため、
ご依頼のお引き受けを毎月20名限定させていただいています。

 

相続した不動産の名義変更のための登記を、
「できるだけ少ない費用で専門家に任せたい」
「Eメールと郵便で当事務所とやり取りできる」
という方は、いますぐにでも、
『「不動産の相続登記」まるごと代行パック』をご利用されてみてはいかがでしょうか。

毎月20件の方だけがご利用いただけます

『「不動産の相続登記」まるごと代行パック』をていねいに進められるのが、
毎月20件前後なのには、わけがあります。

 

戸籍、とりわけ明治~昭和30年以前にできた戸籍を解読するのには
とても時間がかかります。
まちがいが許されない、正確にしなければならない作業です。

 

当事務所の本サービスを担当するスタッフは現在4名です。
1人がていねいに登記の手続のお手伝いをできる件数は毎月約5件です。
事務所としては約20件(5件×4名)です。

 

毎月20件を超えるご依頼をいただくと、スタッフの手が一杯になることがあります。
結果として、お申込みをいただいても、
相続登記の準備にとりかかるまで少しお待ちいただくこともあります。

 

相続した不動産の名義変更のための登記を、
「できるだけ少ない費用で専門家に任せたい」
「Eメールと郵便で当事務所とやり取りできる」
という方は、いますぐにでも、
『「不動産の相続登記」まるごと代行パック』について、
お問合わせいただき、今月の状況を
ご確認くださると助かります。

お気軽にお問い合わせください

0120-373-000

お申し込みはこちら

 

お気軽にお電話にてお問い合わせをどうぞ

「なぜ、これだけの低価格でこれだけ特典のつくサービスを実現できるのか?」
「Eメールでやりとりできる人限定のサービスだから、司法書士の人件費を
抑えられるのはわかった。けれど、本当にそれだけの理由なのだろうか?」
こう、お感じの方もいらっしゃるかもしれません。

 

たしかに、少ない手数料よりも多い手数料をいただける方がありがたいです。
とはいえ、全国の多くの相続人の方に、
当事務所のこのパックをご利用いただくことで、
別の機会にお声がけいただくこともあると考えています。
これはとてもうれしいことです。

 

    

こんな思いで、今の手数料と特典でこのパックのご案内を続けています。

 

「司法書士が自分で自分たちについて言っている事だから・・・」
と思われるかもしれません。

 

それでも、司法書士法人アミーズ横浜事務所の思いをお伝えしないよりも、
お伝えした方がいいと思い、書かせていただきました。

私たちの紹介

日経新聞

▲日経新聞で紹介されました

日経マネー

▲日経マネーの記事の監修をしました

お気軽にお問い合わせどうぞ

24時間土・日・祝日も受付中

メール相談はこちら

ブログ